桃山学院大学 Webアンデレクロス

1979年の創刊から約42年、桃山学院大学の学生や素顔を時代ごとに映し出してきた大学広報誌「アンデレクロス」。 2022年からは「Webアンデレクロス」として、”いつでも、どこでも” 桃山学院大学の様子をご覧いただくことができるようになりました。

桃山学院大学 Webアンデレクロス

1979年の創刊から約42年、桃山学院大学の学生や素顔を時代ごとに映し出してきた大学広報誌「アンデレクロス」。 2022年からは「Webアンデレクロス」として、”いつでも、どこでも” 桃山学院大学の様子をご覧いただくことができるようになりました。

    マガジン

    • 著者インタビュー

      桃山学院大学総合研究所では、本学における研究成果に関する発表の場として、また学問的社会評価を問う場として、出版事業を推進しています。 「著者インタビュー」では、研究の成果物である著書を切り口に、研究の内容や著者(教員)の人物像にも迫る、インタビュー企画です。 インタビュー記事を読んでから著書を手にするもよし、読破後、別の角度から再度著書の魅力に迫るもよし、楽しみ方はイロイロです!

    • 社会課題に対する桃大生の挑戦

      社会科学系総合大学である桃山学院大学は、現代の様々な社会課題を実践的に学ぶ取り組みが充実しています。 このマガジンでは、そんな社会課題に挑む「桃大生」の姿を紹介します。

    • THE 桃大人(MOMODAIJIN)

      個性溢れる桃大生の活躍や魅力を、在学生から卒業生まで多くの学生にインタビューを行い、本人たちの生の声で紹介します!

    記事一覧

    固定された記事

    はじめまして、Webアンデレクロスです

    「桃山学院大学広報」の名で1979年に創刊し、大学広報誌「アンデレクロス」にその名を変え現在に至るまでの約42年間、「アンデレクロス」は桃山学院大学や学生の素顔を時代…

    第4回『関西方言における待遇表現の諸相』

    村中淑子(国際教養学部教授) テレビやインターネット、日常会話の中でも、何かと話題になる方言。方言が人々にどのように使われているかを調べたり、言葉と社会との関係…

    高齢者に「模擬外出」をプレゼント➀【ソーシャルデザイン学科(福祉)】

    2022年8月2日、ソーシャルデザイン学科(福祉)の学生を中心とした学生団体、FIOREI(フィオレイ、団体の詳細は後述)で活動する学生の姿は、和歌山県の観光地「南紀白浜」にあ…

    「自分で考え、行動し続ける」【セレッソ大阪】

    「桃山学院大学という、サッカーの強い大学があるんだ」 高校時代は寮生活だったんですが、毎年受験シーズンが近づくと3年生がサッカー強豪大学のパンフレットを取り寄せ…

    訪れたチャンスは逃さず、チャレンジし続ける【株式会社楽天野球団】

    桃大経営学部を卒業後、楽天株式会社(以下、楽天)に就職。20代のうちに多くの経営者と共に課題解決に取り組む。 2007年に新卒で楽天に就職してから12年ほどは、楽天市場…

    クルーズ船のパーサーにして二児の母【日本クルーズ客船株式会社】

    世界中を運航するクルーズ船のパーサー 現在、世界中を運航するクルーズ船で、アシスタントパーサーとしてパーサー職をしています。全乗組員約220名、うち150名が外国人で…

    アジア各国での電動二輪、三輪の導入【テラモーターズ株式会社】

    アジアにおける電動二輪、三輪車のビジネスチャンス インド、ベトナム、バングラデシュ… 。アジアの国々で、軽快に駆けぬけてゆく、電動の二輪スクーターや三輪タクシー…

    溶けない!?アイスクリーム 世界初のスイーツで、世界中を笑顔に。【株式会社バイオセラピー開発研究センター】

    研究とクレームから生まれた全く新しいアイス 暑い季節の訪れと共に、食べたくなるアイスクリーム。誰もが知るこのスイーツの概念を根底から覆した「溶けない!?アイスク…

    様々な文化や考え方に触れ続けることができた桃大での4年間は、まさに「世界が変わる」体験の毎日でした【株式会社AIRDO】

    「世界が変わる体験がある」 桃大での4年間を一言で表すと、「異文化に触れ続けた4年間」だったと思います。 ゼミでは、日本語教育がご専門の友沢教授のもとで学び、日本…

    桃大はアクティブな自分を見つけられる場所!多くの経験が、今の自分の自信につながっています。

    自分自身を成長させてくれるプログラムが充実 桃大在学中の4年間は、できるだけ多くの経験を積むことを心がけ、授業以外にもさまざまなことに取り組みました。香港へ短期…

    第3回『20年目の世界一周 実験的生活世界の冒険社会学』

    大野哲也(社会学部教授) 「人類史は冒険史です」という社会学部の大野哲也さんは、1993年から約5年間、自転車で世界一周を成し遂げた元冒険家。この旅で出会った人たち…

    日本代表であり続けるために。

    福岡から桃大へ。 「サッカーをやるために来た」 福岡県で生まれ育ち、小学生の頃からサッカー一筋。高校ではインターハイにも出場した。しかしそれはまだ、サッカー人生…

    21歳で桃大へ。決断に間違いはなかった。

    道に迷っていた僕が、可能性を感じた大学 僕は21歳で桃大に入学しました。少し異色の経歴かも知れませんが、将来の道に迷っていた僕にとって、ここ桃大は自分の未来にあら…

    働く人を支えたいという想いで冷凍食品メーカーに就職

    女手一つで育ててくれた母 僕は就職活動を始めた頃から冷凍食品の業界を志望し、見事、第一志望の会社から内定をいただきました。僕が冷凍食品の業界を志望したのには、理…

    第2回『インバウンド観光のための観光土産マーケティング —中国人消費者の購買行動』

    辻󠄀本法子(経営学部教授) 知人が旅先で買ったお土産をもらったところ美味しくて、今度は自らインターネットで購入した—そんな経験を持つ人は少なくないでしょう。この…

    第1回 『長与専斎と内務省の衛生行政』

    小島和貴(総合研究所長/法学部教授) 新型コロナウイルスで注目を集めた保健所。その元となる仕組みを明治時代に作ったのが、初代内務省衛生局長の長与(ながよ)専斎(せ…

    はじめまして、Webアンデレクロスです

    はじめまして、Webアンデレクロスです

    「桃山学院大学広報」の名で1979年に創刊し、大学広報誌「アンデレクロス」にその名を変え現在に至るまでの約42年間、「アンデレクロス」は桃山学院大学や学生の素顔を時代ごとに映し出してきました。

    2022年4月、アンデレクロスは「デジタル化」という新たな一歩を踏み出します。これからは、「Webアンデレクロス」として、お手元のスマートフォンやタブレット、PC等の電子端末で「いつでもどこでも」桃山学院

    もっとみる
    第4回『関西方言における待遇表現の諸相』

    第4回『関西方言における待遇表現の諸相』

    村中淑子(国際教養学部教授)

    テレビやインターネット、日常会話の中でも、何かと話題になる方言。方言が人々にどのように使われているかを調べたり、言葉と社会との関係を考察したりしているのが、国際教養学部の村中淑子教授です。今回は、村中教授の著書『関西方言における待遇表現の諸相』(和泉書院)について聞きました。

    ■近畿方言は言葉づかいのニュアンスを細かく変える
    ――『関西方言における待遇表現の諸相』

    もっとみる
    高齢者に「模擬外出」をプレゼント➀【ソーシャルデザイン学科(福祉)】

    高齢者に「模擬外出」をプレゼント➀【ソーシャルデザイン学科(福祉)】

    2022年8月2日、ソーシャルデザイン学科(福祉)の学生を中心とした学生団体、FIOREI(フィオレイ、団体の詳細は後述)で活動する学生の姿は、和歌山県の観光地「南紀白浜」にありました。

    アクションカメラで白浜町のとあるホテル内を撮影する彼らの活動には、SDGsとも深く関わる、現代社会において高齢者の抱える「とある社会課題」が深く関係していました。

    社会福祉法人で社会課題を聞いたあの日、すべて

    もっとみる
    「自分で考え、行動し続ける」【セレッソ大阪】

    「自分で考え、行動し続ける」【セレッソ大阪】

    「桃山学院大学という、サッカーの強い大学があるんだ」

    高校時代は寮生活だったんですが、毎年受験シーズンが近づくと3年生がサッカー強豪大学のパンフレットを取り寄せるんです。
    「桃山学院大学という、サッカーの強い大学があるんだ」桃山学院大学(以下、「桃大」)のことを知ったのは、そんな先輩が取り寄せたパンフレットがきっかけでした。
    その後、(プレーを見て)声をかけていただいたことや、尊敬していた高校時

    もっとみる
    訪れたチャンスは逃さず、チャレンジし続ける【株式会社楽天野球団】

    訪れたチャンスは逃さず、チャレンジし続ける【株式会社楽天野球団】

    桃大経営学部を卒業後、楽天株式会社(以下、楽天)に就職。20代のうちに多くの経営者と共に課題解決に取り組む。

    2007年に新卒で楽天に就職してから12年ほどは、楽天市場におけるEC(出店店舗)コンサルティング業務を担当していました。最初の配属は東京だったのですが、たまたま私の側を通りかかった関西の本部長が私の関西弁を聞いて、「関西出身?大阪どう?」と。「ぜひ、お願いいたします!」と会話を交わした

    もっとみる
    クルーズ船のパーサーにして二児の母【日本クルーズ客船株式会社】

    クルーズ船のパーサーにして二児の母【日本クルーズ客船株式会社】

    世界中を運航するクルーズ船のパーサー

    現在、世界中を運航するクルーズ船で、アシスタントパーサーとしてパーサー職をしています。全乗組員約220名、うち150名が外国人で、船内の公用語は日本語と英語。約2ヵ月の船上勤務の後に約1ヵ月の休暇という勤務体系になります。

    私の業務は、船内の金銭管理や総務全般、外国人乗組員の人事など、全乗組員とかかわる職務のため、仕事内容は多岐にわたります。言葉や文化が違

    もっとみる
    アジア各国での電動二輪、三輪の導入【テラモーターズ株式会社】

    アジア各国での電動二輪、三輪の導入【テラモーターズ株式会社】

    アジアにおける電動二輪、三輪車のビジネスチャンス

    インド、ベトナム、バングラデシュ… 。アジアの国々で、軽快に駆けぬけてゆく、電動の二輪スクーターや三輪タクシー。彼らにとって国民的な移動手段であるこの乗り物の利便性、経済性を、日本の技術が支えていることをご存じだろうか。テラモーターズ株式会社。2010年に電動自動車メーカーとして設立され、瞬く間に日本国内トップシェアを獲得しながらも、つねに海外市

    もっとみる
    溶けない!?アイスクリーム 世界初のスイーツで、世界中を笑顔に。【株式会社バイオセラピー開発研究センター】

    溶けない!?アイスクリーム 世界初のスイーツで、世界中を笑顔に。【株式会社バイオセラピー開発研究センター】

    研究とクレームから生まれた全く新しいアイス

    暑い季節の訪れと共に、食べたくなるアイスクリーム。誰もが知るこのスイーツの概念を根底から覆した「溶けない!?アイスクリーム」で、今や金沢をはじめ東京や大阪にも直営店「金座和(かなざわ)アイス」を展開する株式会社バイオセラピー開発研究センター。トップとして舵を取るのは、桃山学院大学 経済学部の卒業生、豊田剛史だ。

    室温40度で3時間。形は崩れず、クリー

    もっとみる
    様々な文化や考え方に触れ続けることができた桃大での4年間は、まさに「世界が変わる」体験の毎日でした【株式会社AIRDO】

    様々な文化や考え方に触れ続けることができた桃大での4年間は、まさに「世界が変わる」体験の毎日でした【株式会社AIRDO】

    「世界が変わる体験がある」

    桃大での4年間を一言で表すと、「異文化に触れ続けた4年間」だったと思います。
    ゼミでは、日本語教育がご専門の友沢教授のもとで学び、日本語教員資格を取得するためフランス(短期:約1ヶ月)とオーストリア(長期:約半年)での日本語教育実習にも参加しました。また、その他にも短期の英語研修にも参加しました。

    キャンパス内では、国際交流サークルに所属し、留学生との交流イベントを

    もっとみる
    桃大はアクティブな自分を見つけられる場所!多くの経験が、今の自分の自信につながっています。

    桃大はアクティブな自分を見つけられる場所!多くの経験が、今の自分の自信につながっています。

    自分自身を成長させてくれるプログラムが充実

    桃大在学中の4年間は、できるだけ多くの経験を積むことを心がけ、授業以外にもさまざまなことに取り組みました。香港へ短期留学したり、ポーランドからの留学生のバディをしたり、広島での平和学習に参加し他府県の大学生と交流したり・・・キャンパス内にとどまらないたくさんの経験が、今の自分の自信につながっています。

    在籍していた経営学部には、魅力的な講義がたくさん

    もっとみる
    第3回『20年目の世界一周 実験的生活世界の冒険社会学』

    第3回『20年目の世界一周 実験的生活世界の冒険社会学』

    大野哲也(社会学部教授)

    「人類史は冒険史です」という社会学部の大野哲也さんは、1993年から約5年間、自転車で世界一周を成し遂げた元冒険家。この旅で出会った人たちを約20年後に再訪し、その人生の軌跡を描いたのが『20年目の世界一周 実験的生活世界の冒険社会学』(晃洋書房)です。本書を出版した目的や、「冒険社会学」の面白さを聞きました。

    ■「ウロウロしている人」に興味を持ち研究
    ——大野先生は

    もっとみる
    日本代表であり続けるために。

    日本代表であり続けるために。

    福岡から桃大へ。
    「サッカーをやるために来た」

    福岡県で生まれ育ち、小学生の頃からサッカー一筋。高校ではインターハイにも出場した。しかしそれはまだ、サッカー人生のはじまりに過ぎなかった。もっと上へ、未知なるサッカーへ。「福岡から大阪の桃山学院大学へ、サッカーをやるために来た」。岩崎が大学を選んだ理由は、サッカー部が強いということだった。
    新たな環境で戸惑うこともあったという。「高校時代はゴールを

    もっとみる
    21歳で桃大へ。決断に間違いはなかった。

    21歳で桃大へ。決断に間違いはなかった。

    道に迷っていた僕が、可能性を感じた大学

    僕は21歳で桃大に入学しました。少し異色の経歴かも知れませんが、将来の道に迷っていた僕にとって、ここ桃大は自分の未来にあらゆる可能性を感じられる場所です。高校卒業後は、省庁大学校である航空保安大学校へ入学しました。人間としての成長や、人生に役立つ数々の学びがありましたが、卒業が近づくにつれて自らの可能性をもっと広げたいという思いが強くなりました。迷った末、

    もっとみる
    働く人を支えたいという想いで冷凍食品メーカーに就職

    働く人を支えたいという想いで冷凍食品メーカーに就職

    女手一つで育ててくれた母

    僕は就職活動を始めた頃から冷凍食品の業界を志望し、見事、第一志望の会社から内定をいただきました。僕が冷凍食品の業界を志望したのには、理由があります。それは母の存在。僕の家は母子家庭で、弟と3人で暮らしていました。母はご飯の用意や掃除、洗濯をしながら仕事にも出て、毎日嫌な顔ひとつせず僕たちを育ててくれました。 そんな家事も仕事もこなす母を近くで見ていて、「母のように働く方

    もっとみる
     第2回『インバウンド観光のための観光土産マーケティング —中国人消費者の購買行動』

    第2回『インバウンド観光のための観光土産マーケティング —中国人消費者の購買行動』

    辻󠄀本法子(経営学部教授)

    知人が旅先で買ったお土産をもらったところ美味しくて、今度は自らインターネットで購入した—そんな経験を持つ人は少なくないでしょう。このように、連鎖的に消費が拡大することを「連鎖消費」と名付けたのが、経営学部の辻󠄀本法子教授です。今回紹介する著書、『インバウンド観光のための観光土産マーケティング —中国人消費者の購買行動』(同文舘出版)に込めた思いや、ポストコロナに向

    もっとみる
    第1回 『長与専斎と内務省の衛生行政』

    第1回 『長与専斎と内務省の衛生行政』

    小島和貴(総合研究所長/法学部教授)

    新型コロナウイルスで注目を集めた保健所。その元となる仕組みを明治時代に作ったのが、初代内務省衛生局長の長与(ながよ)専斎(せんさい)(1838-1902)です。これまで日本行政研究の一環として長与専斎の研究に取り組み、この度、『長与専斎と内務省の衛生行政』(慶應義塾大学出版会)を執筆した小島和貴教授に、本書について、また、長与の功績や現代に通じる教えを伺いま

    もっとみる