桃山学院大学 Webアンデレクロス

1979年の創刊から約42年、桃山学院大学の学生や素顔を時代ごとに映し出してきた大学広報誌「アンデレクロス」。 2022年からは「Webアンデレクロス」として、”いつでも、どこでも” 桃山学院大学の様子をご覧いただくことができるようになりました。

桃山学院大学 Webアンデレクロス

1979年の創刊から約42年、桃山学院大学の学生や素顔を時代ごとに映し出してきた大学広報誌「アンデレクロス」。 2022年からは「Webアンデレクロス」として、”いつでも、どこでも” 桃山学院大学の様子をご覧いただくことができるようになりました。

    マガジン

    • THE 桃大人(MOMODAIJIN)

      個性溢れる桃大生の活躍や魅力を、在学生から卒業生まで多くの学生にインタビューを行い、本人たちの生の声で紹介します!

    • メディア掲載情報(学生、卒業生活動)

      桃山学院大学Webサイト内の「メディア掲載情報」のうち、学生や卒業生の活動、活躍に関するものをご紹介します。

    • 著者インタビュー

      桃山学院大学総合研究所では、本学における研究成果に関する発表の場として、また学問的社会評価を問う場として、出版事業を推進しています。 「著者インタビュー」では、研究の成果物である著書を切り口に、研究の内容や著者(教員)の人物像にも迫る、インタビュー企画です。 インタビュー記事を読んでから著書を手にするもよし、読破後、別の角度から再度著書の魅力に迫るもよし、楽しみ方はイロイロです!

    • 社会課題に対する桃大生の挑戦

      社会科学系総合大学である桃山学院大学は、現代の様々な社会課題を実践的に学ぶ取り組みが充実しています。 このマガジンでは、そんな社会課題に挑む「桃大生」の姿を紹介します。

    最近の記事

    • 固定された記事

    はじめまして、Webアンデレクロスです

    「桃山学院大学広報」の名で1979年に創刊し、大学広報誌「アンデレクロス」にその名を変え現在に至るまでの約42年間、「アンデレクロス」は桃山学院大学や学生の素顔を時代ごとに映し出してきました。 2022年4月、アンデレクロスは「デジタル化」という新たな一歩を踏み出します。これからは、「Webアンデレクロス」として、お手元のスマートフォンやタブレット、PC等の電子端末で「いつでもどこでも」桃山学院大学の様子をご覧いただくことができるようになります。 これからも、「アンデレク

      • 同じゼミ生の先輩から後輩へ 親身なアドバイスを生かし大阪府職員に

        ずっと公務員志望の先輩と、教員志望から公務員を目指した後輩 百濟 大阪府総務部統計課に勤務する清水拓人さんと私は、ともに法学部花元ゼミ(民法がテーマ)の出身で1学年違い。私が4年次生、清水さんが3年次生のときに一緒に学びました。私は大学入学時から公務員志望で、2019年に大阪府職員として採用されました。府税事務所で2年間勤めた後、健康医療部に異動し、現在は新型コロナウイルス対策に関する業務を行っています。国が運営する新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HE

        • 京都新聞に本学国際センターのプログラム「グローバルインターンシップ(京都)」が紹介されました

          【京都新聞(夕刊1面)】2022年9月5日掲載 9月5日(月)の京都新聞(夕刊1面)に、本学国際センターのプログラム「グローバルインターンシップ(京都)」が紹介されました このプログラムは、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、国内でグローバル社会での対応力を磨くプログラムとして今年度より始動したもので、周辺地域でのフィールドワークを通し、インバウンド観光と地域社会の関わりについて考察し、現状や課題について学びを深めることを目的としています。 記事では、正規留学生

          • 佐賀新聞に本学卒業生の川井健太さん(Jリーグ・サガン鳥栖監督/2004年本学経営学部経営学科卒業)の記事が掲載されました

            【佐賀新聞】2022年8月18日 8月18日(木)、佐賀新聞に本学卒業生の川井健太さん(Jリーグ・サガン鳥栖監督/2004年本学経営学部経営学科卒業)の記事が掲載されました。 川井さんは本学卒業後、愛媛県をホームタウンとするチーム、愛媛FCにおいて選手としてプレーをされていました。プロサッカー選手を引退後は、2008年より指導者として活躍され、今シーズンからはJリーグ・サガン鳥栖の監督を務められています。 「初J1『楽しむ』モットーに サガン鳥栖監督・川井健太(41)

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • THE 桃大人(MOMODAIJIN)
            桃山学院大学 Webアンデレクロス
          • メディア掲載情報(学生、卒業生活動)
            桃山学院大学 Webアンデレクロス
          • 著者インタビュー
            桃山学院大学 Webアンデレクロス
          • 社会課題に対する桃大生の挑戦
            桃山学院大学 Webアンデレクロス

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            地域コミュニティ誌『泉北コミュニティ』に本学学生による防犯ボランティア「桃パト」の活動が取り上げられました

            【『泉北コミュニティ』】2022年8月4日号 地域コミュニティ誌『泉北コミュニティ』の8月4日号に、本学学生による防犯ボランティア「桃パト」の活動が取り上げられました。 「桃パト」は、近隣地域の防犯パトロールを中心に、地域の方々と共に本学学生が大学付近にある小学校の下校時間帯に通学路に立ち、横断歩道での旗振りなど、児童の安全を見守るボランティア活動を行っています。 記事内で、「桃パト」活動代表の堀瑞季さんは以下のようにコメントしています。 「以前は小学生が関係する交通

            日本経済新聞にソーシャルデザイン学科(福祉)の学生を中心とした学生団体の取り組みが掲載されました

            【日本経済新聞(全国版朝刊33面)】2022年8月11日 8月11日(木)の日本経済新聞(全国版:朝刊33面)に、ソーシャルデザイン学科(福祉)の学生を中心とした学生団体の取り組みについて掲載されました。 「コロナ『第7波』高齢者施設にも 体力や認知期の低下懸念」という見出しの記事では、新型コロナウイルスの感染の「第7波」が続く中、全国の高齢者施設で再び交流を制限する動きが広がっていることを報じており、外部との交流制限や日常生活の活動量低下により、高齢者が要介護状態の手前

            地域コミュニティ誌『泉北コミュニティ』に本学学生によるボランティア活動が取り上げられました

            【『泉北コミュニティ』】2022年7月7日号 地域コミュニティ誌『泉北コミュニティ』の7月7日号に、J-LOVEこども食堂(ジーザスカフェハウス・和泉市伏屋町)にて開催された一周年記念イベント「みんなdeハッピーなつまつり」において、本学学生がボランティアスタッフとして参加したことが取り上げられました。 学生は、集まったボランティアスタッフとともにイベントの企画、準備、運営などを行いました。当日は近隣の住民、子どもたちなど170名が来場し、ボランティア大道芸人による演芸など

            NHKニュースで、本学法学部の取り組みが紹介されました

            【NHK「ほっと関西」】2022年7月6日放送 7月6日(水)放送のNHK総合「ほっと関西」(放映時間:18:00~19:00)において、本学法学部の取り組みが紹介されました。 同日、本学法学部では、選挙権が18歳以上に引き下げられたものの、若者の投票率が低下傾向であることを踏まえ、「日本は強制投票制を導入すべきか」をテーマに、賛成派と反対派に分かれてディベート形式の授業を行いました。番組では「選挙への関心を 大学で授業」と題し、本学授業の様子を紹介しました。 <番組内

            NHKニュースで、本学社会学部ソーシャルデザイン学科の取り組みが紹介されました

            【NHK「ほっと関西」】2022年7月5日放送【NHK「ニュース845」】2022年7月5日放送 7月5日(火)放送のNHK 「ほっと関西」および「ニュース845」で、本学ソーシャルデザイン学科の学生の取り組みの様子が紹介されました。 社会学部ソーシャルデザイン学科では、社会福祉法人四恩学園と連携し、四恩学園の施設が抱えるさまざまな課題解決に取り組んでいます。その取り組みの一つ、特別養護老人ホーム入居者に対し、VRなどの機器を用いて「模擬外出」を体験してもらうプロジェクト

            全日本大学選抜メンバーに選出された本学サッカー部 奥田勇斗さんの活躍が取り上げられました

            【ゲキサカ】2022年6月29日掲載 6月25日(土)、第19回大学日韓定期戦が行われ、本学サッカー部の奥田 勇斗さんが全日本大学選抜チームのDF(ディフェンダー)としてチームの勝利に貢献しました。 3年ぶりに実施されたデンソーカップ日韓定期戦では5-0で全日本大学選抜チームが勝利を収め、奥田さんは前半の先制点や、後半の追加点にも絡む大活躍をみせました。 奥田さんは「全日本とか、関西選抜といった大きな舞台で結果を残すことが大事になってくる」「韓国遠征もあるといわれているの

            ビジネスデザイン学部生の取り組みが朝日放送「news おかえり」で、紹介されました

            【朝日放送「news おかえり」】2022年5月10日放送 5月10日(火)放送の朝日放送「news おかえり」で、本学ビジネスデザイン学部の学生サークル「つなラボ」が企画・運営したリメイクファッションショーが紹介されました。 リメイクファッションショーは、5月5日(木・祝)に北御堂(本願寺津村別院)において開催された「大阪 船場コレクション2022」内にて行われました。番組内では、本学の学生たちが、船場センタービル店舗、船場地区店舗に眠っていた着物を新しいデザインに再生

            クラブ・サークルの勧誘イベントが開催されることが読売新聞で紹介されました

            【読売新聞 大阪版夕刊】2022年4月14日掲載 4月14日(木)の読売新聞(大阪本社版:夕刊2面)に、本学においてクラブ・サークルの勧誘イベントが開催されることが掲載されました。 「大学サークル 新歓復活 やっと対面『魅力伝わる』メンバー増期待」という記事では、多くの大学が対面での新入生歓迎イベントを開催する傾向にあることを報じています。 記事内では、本学も4月23日(土)にクラブ・サークルの新入生歓迎イベントを開催することが紹介されました。 【参考URL】 ▼読売新

            ビジネスデザイン学部の取り組みが関西テレビ「報道ランナー」で、紹介されました

            【関西テレビ「報道ランナー」】2022年4月21日放送 4月21日(木)放送の関西テレビ「報道ランナー」で、本学ビジネスデザイン学部の取り組みについて紹介されました。 同番組内の特集コーナー「Hello!ニューノーマル よのなかラボ」では、若者の起業について紹介され、そのうち「起業家精神を養成する大学の取組み」として、本学ビジネスデザイン学部や最新型オフィスをイメージし、昨年グッドデザイン賞を受賞したビル型キャンパスあべのBDL(ビジネスデザイン・ラボ)の様子が紹介されて

            本学が新入生向けに実施したガイダンスがNHKで紹介されました

            【NHKニュース】2022年4月1日放送 4月1日(金)放送の「成人年齢18歳に引き下げ 桃山学院大で新入生に説明会」というNHKニュースにおいて、この日入学した新入生全員に対して、本学がガイダンスを開催して民法改正等について説明を行ったことが取り上げられました。 田中法学部長は、「きのうまで法の保護にあった学生がきょうから自己責任を負うようになる。今後、事例や判例を伝えて、自分事に捉えてもらい、身を守れるようにしていきたい」とコメントしています。 なお、今回の法改正に

            実践的な学びで課題解決力を身につけ、セレッソ大阪で働く夢を実現

            2つの異なる実践授業が自身の成長に 大阪市内にある一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブのサッカー普及部で、2023年から働くことが決まっています。大学1年次の頃から、将来はセレッソ大阪で仕事をすることを目標にしてきました。というのも、私は小学生の6年間、セレッソ大阪サッカースクールのスクール生としてサッカーを学び、このときからずっとセレッソ大阪のサポーターで、社会人になったらサッカーを通して喜びを与える側に立ちたいと思っていたからです。 そのために、大学1年次のときは短

            第4回『関西方言における待遇表現の諸相』

            村中淑子(国際教養学部教授) テレビやインターネット、日常会話の中でも、何かと話題になる方言。方言が人々にどのように使われているかを調べたり、言葉と社会との関係を考察したりしているのが、国際教養学部の村中淑子教授です。今回は、村中教授の著書『関西方言における待遇表現の諸相』(和泉書院)について聞きました。 ■近畿方言は言葉づかいのニュアンスを細かく変える ――『関西方言における待遇表現の諸相』は、2020年12月に発行されました。まず、本書を執筆された目的をお聞かせくださ