見出し画像

アジア各国での電動二輪、三輪の導入【テラモーターズ株式会社】

桃山学院大学 Webアンデレクロス

アジアにおける電動二輪、三輪車のビジネスチャンス

インド、ベトナム、バングラデシュ… 。アジアの国々で、軽快に駆けぬけてゆく、電動の二輪スクーターや三輪タクシー。彼らにとって国民的な移動手段であるこの乗り物の利便性、経済性を、日本の技術が支えていることをご存じだろうか。テラモーターズ株式会社。2010年に電動自動車メーカーとして設立され、瞬く間に日本国内トップシェアを獲得しながらも、つねに海外市場に主眼を置いているグローバル・ベンチャー企業だ。

市場開拓の舞台となっているのはアジア。もともと二輪スクーターや三輪タクシーが普及しているアジアの国々では、ガソリンの燃費の悪さ、環境負荷の大きさから、電動の二輪、三輪車へのニーズが高まっていた。テラモーターズはそこにビジネスチャンスを見出し、フィリピン、ベトナムへと市場を拡大していた。さらに次なる国の市場開拓をめざそうとしていた2015年、ひとりのビジネスパーソンが、新たな仲間として加わった。上田晃裕。桃山学院大学 経済学部の卒業生だ。

現地のショールームでテラモーターズの製品をPR    アジア各国でタクシーとして活躍する電動三輪車

「マーケットイン」の発想でさらなる市場開拓を担う

彼は卒業後に日本の大手家電メーカーに就職。桃大での留学経験などで身につけた国際感覚を武器に、本社から中近東/アフリカ販売会社へ赴任し、現地でのビジネス拡大に尽力していた。やる気に満ちあふれていたが、しだいに、大企業ならではの意思決定の遅さ、保守的な考え、ハングリー精神・チャレンジ精神の希薄さに危機感を抱くようになっていた。また当時は製品の作り手である企業の視点や計画を優先する「プロダクトアウト」という発想がその会社の主流だった。

一方、彼はそれとは対照的に、作り手よりも市場・ユーザーの視点に立ち、客が本当に必要とするもの、買いたいと思うものを作る「マーケットイン」という発想を実践したいと考えていた。「既存の大手企業の方法では、世界で輝き続けるのは困難なのではないだろうか」。組織が大きすぎて動きが重い企業よりも、意思決定や行動がスピーディーなベンチャー企業へと心が傾いていた彼にとって、設立当初から「世界的日本企業を創る」というビジョンを掲げていたテラモーターズとの出会いは、必然だったといえる。

「win-winの関係」を築き、約1年で0円から10億円へ

期待していた通り、上田は入社直後からバングラデシュへ赴任し、現地での事業立ち上げを任された。狙いをつけたのはフォリドプールという町。そこではエネルギー(天然ガス)不足のために電動三輪タクシーが普及し始めていた。当時主流だったのは中国製のもの。しかしバッテリーの品質についてドライバーたちは少なからず不満を抱いていた。不満があるということは、それを満たす製品を販売すれば売れるはず。テラモーターズの製品は充電器の機能が優れていてバッテリーへの負担が少なく、中国製よりも寿命が長いというアドバンテージがあった。「この町の人々が本当に必要とするものを、提供することができる」。まさに、彼が重視する「マーケットイン」のビジネスチャンスが、そこにはあったのだ。

現地の工場の一角を借りて生産体制を確保し、販売価格は中国製とほぼ同額に設定。ドライバーに対して「中国製とのバッテリーの違い」を明確に訴求するチラシを配るなど地道な宣伝活動も行った。上田をはじめスタッフの尽力により、バングラデシュにおけるテラモーターズの1号店がオープンしたその日、予想を超える数の客が続々と押し寄せ、瞬く間に予約数が上昇。テラモーターズにとって0円だったバングラデシュの市場は、約1年間で10億円規模へと成長した。

さらにその成功は会社のためだけではなかった。効率の良い電動三輪タクシーによるドライバーの収入増、現地生産がもたらす雇用創出や日本式モノづくりの教育、電動車による環境負荷の低減など、現地の人々の暮らしをも豊かにした。事業拡大と社会貢献。上田が仕事に携わる上で大切にしている「win-winの関係」を築き、皆が幸せになれるビジネスデザインを達成できたのだ。


新しい形の「グローバル日本企業」へ

バングラデシュでの業績が認められ、彼はテラモーターズ事業本部長、インド/バングラデシュ/ベトナムの各国現地法人社長を兼任し、合計事業規模を2倍に拡大。今後はアジアにおけるさらなるシェアの拡大、パーソナルモビリティ(近未来の個人向け移動ツール)の電動化のマーケットを牽引すること、新しい形の日本企業を創っていくことなど、そのビジョンは大きく前進している。彼にとってのビジネスデザインとは、ひとつの事業にとどまることなく、社会を、世界全体を幸せにしていくことなのかもしれない。

(インド マネサールの工場にて現地スタッフと)

(※この内容は2018年6月取材時のものです)

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
桃山学院大学 Webアンデレクロス
1979年の創刊から約42年、桃山学院大学の学生や素顔を時代ごとに映し出してきた大学広報誌「アンデレクロス」。 2022年からは「Webアンデレクロス」として、”いつでも、どこでも” 桃山学院大学の様子をご覧いただくことができるようになりました。